今までは、全く見ることがなかった「樹木葬」ですが、21世紀になり、こういった樹木葬を選ぶ方が増えていると言われています。そこで、なぜ、これほどまで樹木葬が求められ、必要とされているのでしょうか。樹木葬が必要な理由について詳しく見ていきましょう。

価値観が多様化している現在で必要となっている

今では、個人個人のパーソナルの考え方を大切にすることが増えていて、今は、価値観が多様化しているといえるでしょう。それにともなって、たとえば葬儀の形なども今は、非常に増えてきているといえるでしょう。家族葬や密葬など、色んな形の葬儀が行われるようになったのと同じように、樹木葬という方法など、その葬送に関しても以前よりも自由度が上がってきたといえます。価値観が多様化している中で、皆が同じような葬送の方法を取る必要がなくなり、このような樹木葬という形を取る方が増えてきました。

墓の継承者がいない現在の傾向

昔までは、墓の継承者がいるのが当たり前であり、お墓参りなどの風習が残っていました。しかし、今は核家族化、そして少子化に伴って、墓の継承者がいないのが現在の傾向となっています。さらに、今は、地域から日本全体、そして海外へと人々の活動範囲も増えていて、こういった状況の中で、地域密着型の、固定されたお墓というのは管理がしにくくなっているというのが現状であるといえるでしょう。さらに、そもそも少子化の影響によって、墓を次ぐ人間がいないという家庭も多くなっています。このため、お墓というものを以前ほど重視しないという時代になってきたといえるでしょう。今後もますます従来のようなお墓の継承者というのは減少していく見込みであると言われており、そこで、こういった樹木葬が求められているといえるでしょう。樹木葬の墓地は、継承者が必要がありませんし、従来までのお墓と違い、それほど管理が必要がありません。こういった理由から必要とされているのです。

好きな人と眠りたいという願いが多い

従来までは、お墓というものは、家単位のお墓となっていました。このため、○○家の墓という風に、家の名前が書かれていることがほとんどなのです。昔はそれが当然で、嫁いだ家のお墓に入るというのが一般的な考え方でした。しかし、今はそうではありません。今は、姑や義実家と仲が良くないというところも多いですし、嫁ぎ先の家のお墓に入りたくないという方は非常に多いです。樹木葬ならば、個人単位のお墓になりますので、嫌な家族と一緒にお墓に入る必要がありませんし、家に縛られる必要もありません。今は個人主義の時代でもありますから、こういった理由でも樹木葬が求められているのです。


ご興味がある方は樹木葬←コチラをクリック

経済的な理由から、お墓にお金をかけることができない事が多い

今の日本は不況により、余裕のない家庭はとても多いといえるでしょう。そういった状況の中で、お墓にお金をかけることができる家は少ないといえます。お墓にお金をかけるよりは、生きているうちに使い切ってしまいたいと考える方も多いですし、実際に従来までのお墓の場合、一定の費用がかかります。しかし、樹木葬は非常にリーズナブルですし、費用はとても安く済みます。お金もかけることなく、そして家などにも縛られず、自由に生きたいという方が増えているため、こういった樹木葬が求められているのです。

まとめ


樹木葬が求められている理由として、現代では、価値観が多様化していると同時に、核家族化が進み、お墓の継承者というものが不足しているという状況などが理由としてあります。さらに、お墓にお金をかけたくないという方も多く、生きている間に使ってしまいたいという方も多く、さらに家に縛られたくないという方も多くなっています。こういった理由で樹木葬が求められているのです。

関連記事

    None Found